2歳になる娘を持つ きのっぴです。大好きなモノこと日常、そして思い出いろいろ書いています♪


by kiyonokku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

支店長Aの1日~続編2

N證券会社のとある支店の支店長はこうも仕事しないでいいものかと衝撃を受けて、この状況は異常なんだと世の中に明かしたいとブログに書き綴ることにしました。

今でもその仕事につく前同僚たちは前編を読み、続きがまだかと待ってるとのことなので調子に乗っての続編がコレ。

支店長は日中行う仕事らしいことと言えば外交と言う名のポスティング!と他の支店の元部下や同期との電話で飲み会の予定を入れること。
その際支店長室から爆発的に聞こえるばか笑いに支店長意外の社員スタッフ一同の冷めた反応…たまに昼過ぎに聞こえるシェーバーでヒゲを剃る音、こんなに周りに聞こえてるなんて本人気づくことあり得ず。

7月のある3日間、部下の男性社員が夏休みで支店を締めて帰る任務を支店長に担ったが、4時半過ぎ、社員の定時は5:10。だけど支店長Aは帰りたくてウズウズ。
いつもは店が閉まる4時半ごろ社員みなが会議室で研修などしてこもっていることを幸いと上着を持って帰宅(早退?!)、でもそれでも支店を締めることができる管理職の立場の部下の社員が休みの日となれば帰ることできずイライラが募る。

毎日5時に掃除に来るおばさんにはその時だけは4:30に来るよう清掃会社に命令し、おばさんにはゴミ捨てだけの簡単な処理で済ますよう指示、
おばさんは掃除ままならず、しかも時間がかかって遅いと支店長自らおばさんに注意する始末、掃除ができないだけならばまだいいけれど最終日にはセキュリティーの問題が起こってしまった!

4:50、まだそんな時間に急いで帰りたい理由はなんだろう?最終日、帰りたくて仕方ない支店長Aは支店を締める権限を持たない女性社員に締める手順を伝えて立ち去った。

そして支店を締める権限を与えられてない女性社員のカードキーには締めるためのセキュリティーキーが付加されておらず支店を閉めることができないという事態が発生した。

その時のびっくりするような対応!警備会社は支店長に連絡入れるが飲みの場なのか支店長は警備会社になんとかしろと指図。
そもそも職務権限により締められない意味がまるで理解できていない。支店長Aは女性社員に向かって『店を締めるなんて簡単なことだ。誰にでもできる』と言ったそうな(絶句)。
店を締めることができない女性社員に締めることを可能とさせると言い張り、母店の総務のことも話がわからないと馬鹿者扱い(どっちが馬鹿者かは明らか)、
これには支店内だけではなく母店の社員にも支店長のバカさ加減が伝わることになった。
[PR]
by kiyonokku | 2008-08-21 18:08 | 日常のモノコト