2歳になる娘を持つ きのっぴです。大好きなモノこと日常、そして思い出いろいろ書いています♪


by kiyonokku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:物語( 9 )

お星さまとポチ vol.9

ポチは、ちょうど犬たちの出入り口用なのでしょう、小さなとびらを抜けて、
暗い家の中に入りました。

オス犬は何も言わず暗い中をどんどん歩いていきます。
入ったところは玄関で、ろうかを歩いていくと、ちょっと開けた場所に出ました。

目がなれてだんだんくらやみの中が見えてきました。
そこは、ソファーがあり、テレビがおいてある台があり、テーブルといすもありました。
おうちのリビングのようです。

ちょうどお台所とのさかいめの辺りに、ゲージがあり、ドアが開いて、その先には
誰かが寝ているようです。

ポチの心臓がドキドキと高鳴ります。

オス犬がゲージのドアの中に入ろうとしたとき、奥にいる別の犬がもそっと起き上がりました
「う~ん、眠い、どうしたの?」メス犬の声です。その声にポチの耳が反応しました
「この子が訪ねてきたんだよ。お前に会いたいって」
「え?どの子?」メス犬が近づいてきました。

ポチはもうがまんできずに、ゲージの中に飛び込んでいきました

「ママ、ママなんでしょ?ボクのママだよね?」ポチがいいました。
「あ、この子は!」母犬がまじまじとポチを見て、くんくん鼻をならしました。
「たしかにわたしたちの子よ」母犬は涙を流しました。
「そうだ、この子はボクたちの子だよ」父犬もペロっとポチをなめてやりました。
「パパ、パパなんだね?」ポチは母犬と父犬を交代にくんくんにおいをかぎながら、
懐かしさでいっぱいになりました。

「ルルとジョン、どうしたの?こんな夜中に吠えるなんて」女の人が起きてきました。
「あら、この子は!、まあまあ、たった一人で来たの?」ポチを見てその人がいいました。
「どうしたの?あら、このチビちゃんどこの子?」小さな女の子がポチを指差しました。
「みんな、どうしたの?騒がしくて起きちゃったよ」ちょっと大きい男の子が来ました。
「この子、うちで生まれた子犬の一匹の子よ。夜中にどうやってここまで来たのかしら?」

そのおうちの人たちは朝が来るまでポチたち親子をそっとしておいてくれました

それからは、ポチはたまにお散歩途中でこのお宅に遊びにくるようになりました
このおうちの人がポチの家の人間のお母さんに話をしたところ、たまに会わせてあげましょうということになったのです。
ポチとママとパパはこうしてたまに会えるようになりました。ポチはもう夜中に泣き出すことも、家を抜け出すこともありません。
たまに夜お空のお星さまにありがとうと一声吠えてから眠るポチ、ママとパパに
会えるようになってとても幸せになりました。

[PR]
by kiyonokku | 2005-09-22 11:16 | 物語

お星さまとポチ vol.8

「ポチは大丈夫かな?」ピカピカリ。
「ちゃんと会えるかしら?」ピカリ。
「ボクたちができるのはここまで、後はポチがやるしかない」ピカピカリ。
「頑張れ~ポチ!」ピカピカピカリ。
お空の上ではお星さまたちがポチを見守っています。

コンコン、コンコン、ポチは前足でドアをノックします。
このおうちにはとてもなつかしい感じがするのです。
胸のドキドキをおさえながら、ポチはノックしつづけました。

すると、
「そこにいるのは誰だ!」オス犬の声が聞こえました。
「あの、ボクはポチといいます」ポチはビクンとしながら答えました。
「こんな夜にどうしたんだ?」オス犬が言いました。
「お星さまがボクをここまで連れてきてくれました。ボクは夜になると
悲しくて悲しくていつもボクのママのことを考えてしまうのです」

すると、ポチよりちょっと高いとびらが開きました。
「おまえがポチか?」オス犬が言いました。
「そうです。ボクがポチです」
「じゃあ、ついておいで」くらやみの中でオス犬がどういう顔を
しているのかポチには見えません。でも、ポチはついていくことにしました
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-21 12:17 | 物語

お星さまとポチ vol.7

ピカピカピカリ。こんどは右に曲がるやじるしがお空に浮かびました。
「こっちに行くんだね」ポチはずんずん歩いていきます。

「さあ、もうすぐだよ、3けん行くともうゴールだ」お星さまが言いました。
「ようし、もうすぐポチがつくぞ、準備はいいかい?、みんな」べつのお星さまが言いました。
「いいよ!」ピカピカピカリ。いっせいに光りました。

とまれ~お星さまたちが光ります。
お空に文字が浮かびました。ポチはおどろいて止まりました。
「ここはどこかな?」見回すと、おうちの門がありました。
表札には「広木」とありましたがポチには読めません。

ポチはおずおずと門をくぐって入ってみることにしました。
なんだか心臓がドックンとあばれています。
とてもワクワクドキドキしています。

レンガのしかれた小道、ラベンダーのいい香りがポチの鼻をくすぐります。
草も花も眠っていて、そのお庭にはものおとが何も聞こえません。
さあ、ポチはおうちのそばまできました。
なぜか、ポチはとてもなつかしい気持ちになりました。
おうちの中からとてもなつかしいにおいがするのです。

クンクンクン、なんだか知ってるよ、このにおい。
小さいころによく知っていたようなにおいなのです。
ポチはドアをコンコンと前足でたたきました。コンコン、コンコンと。

その時おうちの中では、みんな眠っていました。
しずかな夜のくらやみの中で、ピクン!と起き上がったのはお父さん犬です。
コンコン、コンコン、なんだか音が聞こえるぞ。それは玄関のドアのほうから聞こえます。
お父さん犬がしずかにしずかにドアに近づいていきました。
まだコンコン、コンコンと音が聞こえています。
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-20 11:46 | 物語

お星さまとポチ vol.6

ピカピカピカリ。
お星さまが次々に光りだしました。
あら、ふしぎなことに、やじるしの形をして光っています。

ポチは首をかしげながら、「あれ?あっちに向かってるぞ、何があるのかな?」ちょっとドキドキしながらポチは歩き出しました。

ピカピカピカリ。
またやじるしの形が変わりました。
「こんどはこっちに行くの?」
ピカピカピカ。たくさんのお星さまが一度に光りました。
ポチにまるでそうだよと合図を送ってきたように見えました。

「よし、こんどはこっちだね。」ポチはズンズン歩いていきます。
ポチのおうちから出て、左の角を曲がったら、こんどは右の角を曲がりました。
道にはだれもいません。どこかのおうちでネコがミャ~と鳴いています。
「だれかいるよ、外にいるよ」とネコが鳴いているのですが、ポチは気にしません。
どんどん歩いて、通りすぎてしまいました。

ピカピカピカリ。
こんどはまっすぐの線がとても長いやじるしが見えました。
「ずっとずっとまっすぐに行くのかな?」ポチはどんどん歩きます。
道のはしっこのプラタナスの並木がずっと続いています。
まっすぐの道にそって、お星さまのやじるしもずっと続いています。

いつものお散歩コースのぞうさんのすべり台のある公園を過ぎても、
まだまだまっすぐです。
いつもいいにおいのするお肉屋さんも夜なので閉まっています。
その前も通りすぎてしまいました。
まだまだまっすぐな道が続きます。
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-17 22:31 | 物語

お星さまとポチ vol.5

土曜日の夜は晴れて、くもひとつない空になりました。
おかげで、お星さまたちもよく見えます。

「さあ、今日はわれわれの出番だよ」
「みんな光る練習しておいてね」
お星さまたちはいつもよりたくさんピカピカと光って見えます。

さあ、夜のしずかなおうちの中で、ポチはさみしくてさみしくて、
とうとう泣き出しました。
「ママはどこ?ママに会いたいよぅ」

その時、星がひとつすべりおちていきました。
「あっ!お星さまがおちた」ポチは目をパチパチしてみました。

またひとつピカリと光ってお星さまがすべりおちました。
「あれ!またおちた」ポチはまた目をパチパチさせて、
今度はポチ用のとびらをくぐって外に出てみました。

ピカ、ピカ、ピカ、ふしぎそうに見ているポチの上のお空が
ピカ、ピカと光りだしました。
「あれ、なんかへんだぞ。今日はお空が光ってるよ」
びっくりしたポチの目から涙が消えました。
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-16 16:43 | 物語

お星さまとポチ vol.4

「ママはどこ?」ポチは泣いています。
昼間は人間のパパやママや男の子や女の子がいるので楽しい気分なのですが、
夜になるとさびしくなってしまうのです。

おうちの窓からその様子を見ているお星さまたちは、ある日集まって話し合いをしました
「ポチをママに会わせてあげよう」
「でも、どうやって?」
「ポチを連れて行ってあげるんだよ」
「でも、ポチはまだ小さいし、だいいち、だれが連れて行くの?」
「私たちで連れて行ってあげましょう」

「今日はやけに星がきれいに見えるなあ」おしごとでおそく帰ってきたパパが
空を見上げてつぶやきました。

「私たち?!」
ピカピカピカリ。お星さまがいっせいに光りました。
「そう、私たち」
「いったい、どうやって私たちが連れていってあげられるの?」
「ほら、今こうやってるみたいにね、ポチにママのおうちを教えてあげましょうよ」
「大丈夫かな?」ピカピカピカリ。 お星さまはみんな不安そうです。
「やってみましょう。きっと大丈夫」

お天気がよいというので、次の土曜日の夜、ポチをママに会わせてあげることに決まりました。
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-16 16:17 | 物語

お星さまとポチ vol.3

母犬と3匹の子犬たちはいつも一緒にくっついていました。
3匹にはそれぞれ毛の色がちがうように、性格も違う子犬たちでした。

白い子犬はとっても甘えん坊
母犬にいつも一番近い場所にぴたっとくっついて離れません。

茶色の子犬はくいしんぼう。
いつでも母犬のおっぱいに飛びつけるように狙いを定めています。

白と茶の子犬はやんちゃ坊主
白い子犬と茶色の子犬にいつもじゃれついています。

ある雨の日に母犬と3匹の犬はいっしょにおうちの中でお昼寝していました。
ピンポーン、おうちにだれかが来たようです。
おうちの人と一緒にきたのは、やさしそうなお母さんと男の子と女の子でした

「うわ~ねむってる。かわいいね。3匹いるよ。」
「ちいさいね、むくむくしてるよ。みんな色がちがうね。」
「どうしよう、どの子にしよう。けんたくん、ちかちゃん、どうする?」

すると、その時、白と茶色の子犬のしっぽがぴくっと動きました。
その子犬がまるで、ボクが行く!と答えたようにみんなには見えました。

「この白と茶色の子にしようよ。」
「そうね、そうね、今動いたね。」

その家の人が言いました。
「ああ、この子が一番元気なの。いつもとびはねてるのよ。」そのことばで決まりました。

「じゃあ、この子をもらっていきますね。」
「小さくてママからはなれてしまってかわいそうね。」女の子がちょっと泣きそうな声を出しました。
「大丈夫だよ。ぼくたちがこの子のママになってあげようよ。」男の子が言いました。
「そうよ、かわいがってあげてね。二人とも。」

そうしてポチはお昼寝中母犬やきょうだいたちからはなされて、もらわれていきました。
母犬はちょっとだけワンワンと吠えて、悲しそうにクゥンと鳴きました。

[PR]
by kiyonokku | 2005-09-16 15:29 | 物語

お星さまとポチ vol.2

毎晩、毎晩ポチが泣いているのをお空のお星さまが見ていました。

「どうにかしてあげたいものだなぁ、ねえ、みんな」とひとつのお星さまが話しかけると、ちょっとピカリと光りました

「そうだよ、なんとかしてあげようよ」またピカリ
「あの子犬はどうして泣いているのかな」とひとつのお星さま。
「それはね、ママに会いたがっているからなんだよ」とまた別のお星さま。
そのお星さまは日曜日のできごとを昼間見ていたお空の雲から聞いていました。

「だから、泣いているんだね」ピカリ。
「どうにかしてあげよう」ピカリ。

お星さまたちは次々にピカリピカリとお隣のお星さまに光が流れていきました。それはまるで、信号機のように次々にピカリピカリと光るのです。

「私はあの子犬のママを知っているわ」あるお星さまが言いました。
「え、知っているの?」お星さまたちがピカリピカリとまたたきました。

ポチのママを知っているお星さまは、お空の風からこんなことを聞いたことがありました

それは、たぶん2ヶ月くらい前のことでした。
あるおうちでお母さん犬が3匹の子犬を産みました。
その子犬たちは白い子犬と、茶色の子犬、白と茶色の毛でちょっと巻き毛の子犬たちでした。
3匹とも元気な子犬たちで、その犬たちを飼っているおうちでは、どこかに子犬たちを引き取ってもらおうと話をしていました。
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-16 12:47 | 物語

お星さまとポチ vol.1

ポチは白と茶色が混じった、ちょっと巻き毛の子犬です

最近ポチはずっと泣いています
「ボクのママはどこにいるの?」
ポチはまだ小さい子犬なので、もらわれて来る前のことは覚えていないのです。

ポチのおうちには人間のママとパパと男の子と女の子がいました。
ママはご飯を作ってくれます。
パパは朝どこかに出かけて夜帰ってきます。おうちにいる日にはポチとお散歩に出かけます。男の子と女の子は順番でお散歩に連れて行ってくれます。おうちの中ではポチとよく遊んでくれます。
みんなポチが大好き、ポチのことをとても可愛がってくれます。

ポチが最近元気がないと家族みんなが心配しています。
夜中に時々起きては泣き声をあげるのです。
「どうしちゃったんだろうね、ポチ」

「もしかしたら病気かな?」

ポチを心配してママが病院に連れて行きました。
お医者さんはどこも悪くないよと言いました。
どうしちゃったのかな、ポチは。みんな心配しています。

この前の日曜日のことでした。
その日はパパと男の子と女の子でポチを散歩に連れて行きました。
いつもの原っぱで、思いっきりポチと遊ぶのです。
みんながたくさんかけっこして、たくさんポチと遊んだ後で、
おうちに帰る道の途中で、ある家の門の中から小さな小さな泣き声が
クゥンクゥン、ワンワンと聞こえました。

ポチもみんなも気になってちょっとおうちをのぞいて見ました。
すると、庭の木のそばに犬のお母さんと小さな子犬が5匹見えました。
お母さんは寝ころんで、子犬たちにおっぱいをあげていました。
子犬たちが甘えてクゥン、クゥンと泣いたり、となりの子どうしが、
ワンワンとじゃれあって、とても楽しそうに見えました。

「わぁ、赤ちゃん子犬がいっぱいいるね」女の子がお父さんに話しかけました。
「かわいいなぁ、小さいね」男の子も話します。
その時、ポチはボクのママはどこにいるのだろうと思いました。
ワンワン、ワンワン!「ボクのママはどこ?ボクのママはどこ?」人間のみんなにはわかりません。

「ポチが鳴いてるよ、おうちに帰りたがってるんだろう、さあ、帰ろう」パパは言いました。
それからポチは元気がなくなりました。
ポチは自分のママに会いたくて会いたくて仕方ありませんでした。
でも、みんなにそれを伝えられません。
みんなはポチが夜泣いてると、そばでなでてくれました。
でも、ポチは「ママはどこ?ママはどこ?」と泣いています。
「ポチはまだ子犬だから怖い夢見てるんだね、大丈夫だよ」
と女の子。

「ママはどこ?ママはどこ?」ポチは夜になると泣き出します。
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-16 12:25 | 物語