2歳になる娘を持つ きのっぴです。大好きなモノこと日常、そして思い出いろいろ書いています♪


by kiyonokku
カレンダー

<   2005年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

今日は久しぶりお菓子作りに挑戦!
ハロウィンにはちょっと早いがたっぷりかぼちゃをつかったシフォンケーキ
作ってみました。
e0062870_22144681.jpg


レシピよりも1.5倍以上も多い量のかぼちゃを使ってのケーキ作り、
目分量的にというか、感というか、で他の材料を調整しながらドキドキの
仕上がり待ちでした、が、
結構美味しい!ふんだんに使ったかぼちゃのため、濃厚なかぼちゃの味になりました♪
とてもしっとりしています。

シフォン型がなくて、トースト用型で作ってしまったので、
見た目パウンドケーキのようになっちゃいました。

それにしても、久々のケーキ作り、手が疲れました~。
かぼちゃの量が多くて裏ごしが大変。。。
e0062870_22214880.jpg

[PR]
by kiyonokku | 2005-09-30 22:23 | マタニティライフ
今日は気持ちよく晴れてきれいな空でした。
とはいえ、ご近所をうろうろしかしていません(^^;)
今日は近くにある養護学校の生徒さんたちが栽培収穫した椎茸を販売していたので、買ってみました。一袋300gくらいかな、200円。厚みは少ないけれど、大きなものも多く、椎茸ってこんなにちゃんと栽培できるのかと感心してしまいました。

きのこは欠かせない食材だったのに、妊娠してからめっきりだめになってしまった。
特に、椎茸、しめじ、舞茸と、独特のにおいがダメになり、ここでようやく受け入れられるようになったみたい。先週からボチボチ、きのこ類を使って食事を作れるようになりました。

今日は和風豆腐ハンバーグの付け合せに、湯せんしたキャベツとホイルで蒸し焼きにしたしめじと椎茸を使って、すりゴマ、味噌、砂糖、みりん、お酢、醤油で味を調えたソースを作り、あわせてみました。甘酸っぱくてゴマの風味もあり、なかなか美味しかったかな。

秋の味覚ということで、明日はサツマイモを使って何を作ろうかな・・・

e0062870_22113519.jpg
先週のある夜のこと、ダンナさんが帰り際、「家の壁にクワガタがついてる」と言って写真を撮りにまた玄関先に出て行きました。風が強い日だったので、吹き飛ばされて家の外壁にへばりついちゃったんでしょうか。それにしてもなんて自然が豊かなのでしょう(*^^*)。

e0062870_2218051.jpg

最寄駅の夜の風景。なかなか雰囲気ありますよ♪
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-29 22:21 | マタニティライフ
昨日15週目にしてようやく、ずーっと胸につっかえていたような気持ち悪さのかたまりがきれいに消えていました。

このままずっとつわりが続いたらどうしよう・・と思っていたものの、やはり、一般的なつわりだったようで、雑誌やネットの情報、うちの母親情報とも合致し、綺麗に消えてしまいました。

昨日はお茶が美味しくて、久しぶりに水分がこんなに美味しいと感じた瞬間でした。
結婚式での引き出物に使ったフレイバーティ その名もウェディング、つわりの最中でも、ミルクティにして飲んでいましたが、お湯で出すとその後ちょっと不穏な動きをする体調のため、いつも恐る恐る飲んでいたのが、ようやく久しぶりに、美味しいと味わうことができました。マタニティ用にと購入していたローズヒップティにも、やっと活躍の場ができたようです。

それから、夕べのお味噌汁の美味しかったこと!
この2ヶ月前あたりから、なるべく体によいものと、今まで多様していた顆粒だしを使わずに、かつおだしや、かつおをメインにした無添加だしに切り替えて、煮物やお吸い物、お味噌汁に使用していたのですが、今まで旨み成分がそうさせるのか、苦味を強く感じていたのです。特に煮干の風味がとても強く苦く感じました。ところが、夕べのお味噌汁はつわり前同様、とても美味しく感じたのが感激です。

不思議なくらい、食べ物の味が変わりました。
こうやって妊娠中期からの食欲増進、肥満へと突き進んでいくステップを徐々に登っている気がします。気をつけなくちゃ~!
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-28 13:28 | マタニティライフ
この前箱根強羅温泉の旅館の宿泊券1名様が当たったとお伝えしましたが、
今回はもっとBIGなものが当たりました!

やった~!JTB旅行券5万円分です。
NTTのフレッツひかりへの加入者対象の抽選だったので、
どうだろうと思っていたものの、当たっちゃいました!
とりあえず、なんでも出しておくに限る!
ただ、個人情報をどこまで広めていいかということにぶつかりますね。

妊婦のため、飛行機を使った旅行は避けたいので遠出はできません。
子供が生まれちゃったらなかなか旅行もゆったりとは行けないので、
これはまだ夫婦ふたりで使っちゃうほうがいいだろうと、夢は広がる~ o(*^^)o

どこかで妊婦は運があるというのを読んでいたけれど、本当かも!(調子にのる)
あと、ビデオカメラとトヨタ プリウス、プラズマテレビ、ホームシアターセットなんかもいいなぁ。(夢の中)
そうそう、ジャンボ宝くじ!当たれ~!
でも、運もそこで無くならない様に願っています。(心配ないか?)
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-28 11:23 | マタニティライフ
昨日の夕方の時間にご近所を散歩しに出かけました。

このあたりは、今開発中なので、宅地造成、道路も途中で寸断されているものが多く、見えるのに、行き着けないという状況が沢山あります。

散歩するたびに、こんな道がある!と新たな発見をし、
近道があるかとちょっとわくわくしながら歩くのが楽しい。

特に、新しい住宅が多いので、エクステリア使いや、ガーデニングなどが
綺麗に手入れされているお宅をいろいろ観察しながら歩くので、不審者に
見られないかとちょっと不安。

昨日は散歩途中で、缶蹴りして遊ぶ子供たちに遭遇。
久しぶりに子供が外で思い切り遊ぶ姿を見て少し安心した。
やっぱりゲームだけが楽しいものじゃないんだ!よしよし。なあんて。

空き地や造成中の土地が沢山あって、子供たちは伸び伸び遊んでいるようで、
子供を育てる環境はなかなか良いみたい。朝夕になると、みんなリードを持った人たちが愛犬とお散歩に戯れる姿も微笑ましい。

ふと空を見上げたら、すごい数のとんぼが空を舞っていた。
ちょっとその数といったら気持ち悪いくらい。
自然が豊かなのもあるけれど、夏が暑いから大量発生したのかな?なんて
思ってしまった。

あるお宅のお庭には小さいプールのような池があって、水の音に誘われて、
ちょっと柵の間から見ていると、グァグァと泣き声がする。
白い大きなアヒルだった。面白がって見ていると、アヒルも気にして柵の間から
水に浮かべた体のまま、顔を出してくる。結構愛嬌あるみたい。買い物帰りに
もう一度横を通ると、グァグァっとアヒルが顔を出した。
e0062870_13181094.jpg

[PR]
by kiyonokku | 2005-09-27 13:21 | マタニティライフ
昨日25日は風強かった~。そのためちょっとハプニングが・・。

市川駅北口のある商店街にて週末に歩行者天国&オープンカフェが催されるというのを見つけ、近場も開拓しないと!と車で出かけてみました。

ところが!駅前の交番で尋ねると、「今日は雨と風で中止なんだよ~。週末やってるからまた来てね|」なんて言われてしまいました。シュン・・・。

でももうひとつ市川に来た目的がありました。
私はガラス工芸が好きなのです。

市川真間にある芳澤ガーデンギャラリーにて市川の名誉市民にもなっている、
世界的にも認められたガラス工芸家の藤田喬平さんの展示会が行われているというのを新聞で見つけ、お庭も綺麗だし、散歩がてら行ってみようと、ちょっとノリ気でないダンナさんを促して行ってきました。

閑静な住宅街の中に佇むギャラリーのお庭はきれいに手入れされており、ガラス張りの明るい室内は割りとこじんまりとした感じでした。
e0062870_1156952.jpg


とても大振りな作品からまるで日本の金銀を散りばめた螺鈿細工のような飾り箱まで、趣が全然違うのですが、どれもとても強いパワーを感じます。
もちろん作品は撮影禁止なので、写真に収めることはできませんでしたが、
何点もある飾り箱は、本当に美しいもので、その中に何を入れたら、この箱に見合うのかとずっと考えてしまいました。お饅頭をお殿様に献上するイメージが浮かびました、が、時代が違いますね。。それに食べ物よりは宝飾品の類のがいいのかな。

ガラスの作成はイタリア、ベネチアのムラーノ島で行われたとのこと、やはりムラーノはガラス工芸のメッカなのですね。私もその地でガラス工場の拭きガラス作成工程を見学したのですが、熱い真っ赤なガラスが形を変形させていく様子にはとても興味深く感じました。

作品を見終わり外に出ると、緑が濃くてとてもすがすがしい気持ちになります。
e0062870_1213979.jpg


市川市はこうした文化振興に力を入れているようで、古いお屋敷とお庭を美術館にして、一般に開放したり、保存したりして、古いものと新しいものとの融合を上手く計っている市の政策が感じられました。
e0062870_1265848.jpg


芳澤ガーデンギャラリーを後にし、次に向かったのは千駄ヶ谷
千駄ヶ谷への目的は、アジアンな雑貨屋巡りです
久しぶりに思いつきで行ってしまったので、お店の事前調査なく、あちこちと
歩き回り、原宿まで歩いたところで、めぼしいものはなくまた元の道へ。
ちょっと見ない間にバリの家具・雑貨屋さんが増えていて、なかなか
目を楽しませてくれました。エスニックの木彫りや銅像の表情って楽しいですよね。
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-26 12:20 | マタニティライフ
今日24日は妊娠初期の方対象の産婦人科の病院で開催された母親学級に行ってきました♪

この間検診した際、待合室でそのお知らせを読んで申し込み、そこには確か、お父さんもどうぞとあったと思ったので、一緒に受けるつもりだったのです。が!

母親学級の開かれるミーティングルームに入ると、ガーン!お母さんしかいない!!!

これは大変!と、その時ちょうど、渋滞で進まない車から先一人歩いてきた私より、
遅れて、駐車場へ車を入れにいこうとしていたダンナさんにメールを送信!
「なんだか、女の人しかいないよ~」
「じゃあ、時間つぶしているよ」と、難なくクリア。ほっ。よかった。まだダンナさんは
渋滞にはまっていたところでした。

食事の栄養や塩分についての説明が栄養士さんからあり、体重制限はなんと7キロ増加まで(改訂されたそうです。。)と、結構キビシイ~~。

なのに、おやつタイムが設けられていて、院長先生の奥様手作りのパンが振舞われました。
参加しているママたちからどよめきが・・・「美味しそう!すごい!でも、カロリーは?これは食べてもいいのでしょうか?」それまで太りすぎはダメと注意を受けたばかりなのに、面白い展開
助産士さんはそこで、「今日だけね」のひとこと。たまの息抜きも必要ですよね♪

その場で頂いた少し黒糖の味のするふわっとやわらかい食感のパンの間には、
ヨーグルトクリームとリンゴがサンドされて、ほのかに甘く美味しいパンでした。
余ったパンはママさんたちと分け合ってお土産にして持ち帰ってきちゃいました!
e0062870_0125030.jpg


この病院の売りでもある、院長先生の奥様の手作りパンは朝食に出されるそうで、
食べ物に関しては、入院が今から楽しみな私です。やはり美味しい食事は人生の喜びです!
はい、食道楽な私です♪
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-25 00:22 | マタニティライフ

お彼岸ということで

今日はダンナさんの家のお墓参りに行ってまいりました。
いつものように、花屋さんでお供えのお花を買って、
途中のコンビニで、缶ビールを一缶買い足し、
お墓に向かいました。

お彼岸ということで、他のお墓はみなきれいにお掃除されていて、
真新しいお花が供えてあるところが多かったですね。

桶と柄杓を持ち、水を入れて、雑巾を持って、さあお墓のお掃除から。
でも、もう3日前にお義母さんがきて、お掃除しているので、お水をかけるだけで
後は、お花を活け換えて、お水をたっぷりかけてあげました。

こちらの墓地は実家からもうちからも近い場所であるので、頻繁に来ることが
できますが、私自身の実家のお墓は少し遠方にあるため、もう何年も祖母の
お墓に行っていないのです。
ダンナさんのお父さんのお墓をお参りするたびに、自分の祖母のお墓参り
ことをいつも考えてしまいます。

お線香のかおりをかぐと、少し身が引き締まる、凛とさせられる香、結構好きです。
もう少し涼しくなってきたら、私の実家の方のお墓にも、近況報告してこなくちゃと
思います。

e0062870_21553742.jpg

友人のあっこのおうちで収穫された南瓜を使って、そぼろ餡にしてみました。
小ぶりだけど、ほくほくと甘い南瓜は美味しかったです。挽肉とオーブンでカリカリに
焦げ目をつけた揚げを一緒に炒めて餡にしてみたら、濃くのある味になりました。
見た目ちょっと綺麗に盛り付けられず、残念。 (>o<)
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-23 22:01 | マタニティライフ
なんとなく見始めた”電車男”今日が最終回だった。
エルメスと電車男の身長差が気になって気になって、
どうも入り込めないネックになってた気がする。

こんな話あるかなぁ。
あんなオタクといわれるダサダサな男性にちょっと母性本能くすぐられるって人も、
もしかしたらいるのかも知れないけれど、
本当に恋心が生まれるのはちょっと見てて不思議な気がした。

部屋にアニメの女の子のポスターが貼ってあり、机にはそのミニチュア版フィギュアが飾ってあるなんて、どう考えても、女性には「幻滅」に感じてしまうと思うのだけど。

でも、伊藤美咲ちゃんは”エルメス”って役がとても似合っていたと思う。
あのお嬢様ルックは、見ててちょっと憧れちゃう的要素があると思った。
イタリアに同僚3人で仕事?どんな仕事なんだろう?興味あり。

どこまでが本当でどこまでがフィクションなのかわからないけれど、
とにかくハッピーエンドで話が終わり、あの掲示板の人々が一致団結して
仲間意識を持って電車男を応援している様子は、インターネットにある暗いイメージを和らげる、というより、より積極的に良い効果を出していた。

でも、あんなストーリーが生まれるこのネット社会ってなんだか、不思議な世の中だなと思う。まあ、なかなか楽しいドラマでした♪
[PR]
by kiyonokku | 2005-09-23 00:40 | マタニティライフ

お星さまとポチ vol.9

ポチは、ちょうど犬たちの出入り口用なのでしょう、小さなとびらを抜けて、
暗い家の中に入りました。

オス犬は何も言わず暗い中をどんどん歩いていきます。
入ったところは玄関で、ろうかを歩いていくと、ちょっと開けた場所に出ました。

目がなれてだんだんくらやみの中が見えてきました。
そこは、ソファーがあり、テレビがおいてある台があり、テーブルといすもありました。
おうちのリビングのようです。

ちょうどお台所とのさかいめの辺りに、ゲージがあり、ドアが開いて、その先には
誰かが寝ているようです。

ポチの心臓がドキドキと高鳴ります。

オス犬がゲージのドアの中に入ろうとしたとき、奥にいる別の犬がもそっと起き上がりました
「う~ん、眠い、どうしたの?」メス犬の声です。その声にポチの耳が反応しました
「この子が訪ねてきたんだよ。お前に会いたいって」
「え?どの子?」メス犬が近づいてきました。

ポチはもうがまんできずに、ゲージの中に飛び込んでいきました

「ママ、ママなんでしょ?ボクのママだよね?」ポチがいいました。
「あ、この子は!」母犬がまじまじとポチを見て、くんくん鼻をならしました。
「たしかにわたしたちの子よ」母犬は涙を流しました。
「そうだ、この子はボクたちの子だよ」父犬もペロっとポチをなめてやりました。
「パパ、パパなんだね?」ポチは母犬と父犬を交代にくんくんにおいをかぎながら、
懐かしさでいっぱいになりました。

「ルルとジョン、どうしたの?こんな夜中に吠えるなんて」女の人が起きてきました。
「あら、この子は!、まあまあ、たった一人で来たの?」ポチを見てその人がいいました。
「どうしたの?あら、このチビちゃんどこの子?」小さな女の子がポチを指差しました。
「みんな、どうしたの?騒がしくて起きちゃったよ」ちょっと大きい男の子が来ました。
「この子、うちで生まれた子犬の一匹の子よ。夜中にどうやってここまで来たのかしら?」

そのおうちの人たちは朝が来るまでポチたち親子をそっとしておいてくれました

それからは、ポチはたまにお散歩途中でこのお宅に遊びにくるようになりました
このおうちの人がポチの家の人間のお母さんに話をしたところ、たまに会わせてあげましょうということになったのです。
ポチとママとパパはこうしてたまに会えるようになりました。ポチはもう夜中に泣き出すことも、家を抜け出すこともありません。
たまに夜お空のお星さまにありがとうと一声吠えてから眠るポチ、ママとパパに
会えるようになってとても幸せになりました。

[PR]
by kiyonokku | 2005-09-22 11:16 | 物語